交通事故の後遺障害

交通事故の被害に遭い、ケガをしてしまった結果、治療後にも機能障害や神経症状が残ってしまうことがあります。こうした障害や症状のことを後遺症といいます。この後遺症と後遺障害は混同されてしまいがちなのですが、実は違います。

後遺障害というのは、後遺症のなかでも交通事故によるものと医学的に証明されるほか、労働力が落ちるまたは失っていることが認められ、その程度が自賠責保険の等級にあてはまるものです。交通事故の被害に遭ったあと、治療後に後遺症が残ってしまったとしても、この定義に該当しない場合には後遺障害として認定されず、損害賠償請求が認められません。等級には第1~14級があり、数字が低いほど慰謝料の相場は高額になります。

後遺障害として認定されるには、2種類の方法があります。ひとつは事前認定、もうひとつは被害者請求です。事前認定は加害者側の保険会社に申請手続きを任せる方法で、被害者側は後遺障害診断書を保険会社に提出することで、あとの資料は保険会社が集めてくれます。これに対し、被害者請求の場合には、医師が作成した後遺障害診断書のほか、レントゲンの画像などの書類を自分で用意し、等級認定の審査を行なう自賠責保険会社や損害保険寮率算出機構に提出します。そうして提出した書類の内容をもとに審査が行なわれて、後遺障害等級の認定を受けることになるのです。

当サイトでは、別のページで手続きの流れや、事前認定と被害者請求のどちらが良い結果が出るのかを解説しています。後遺障害の等級取得方法のことを知りたい人は、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。